新車を買いたくて金利が安いマイカーローンを探しています

青いマイカー

7年前に買った TOYOTAノアがそろそろ寿命を迎えそうです。

自動ドアも反応が悪くなってきたし、車体もぶつけたりしてでこぼこになっています。

完全に故障してしまう前に車を買い換えたいと思っているのですが、新車選びも結構大変ですよね。

ノアと同じようなセレナやステップワゴンを買おうと思うと、300万円以上お金が必要となります。

でも実は、今家には手元にお金がありません。

先日マイナス金利のメリットを生かして、住宅ローンの借り換えを行ったばかりなのです。

借り換え手数料として50万円ぐらい支払ったので、新車を買うならば頭金なしの全額ローンにしないとお金を工面できません。

もう少し安い車にすればいいのですが、7人家族のためどうしても大型の車を選ばなければいけないんです。

お金がないので中古車を購入することも考えたのですが、妻が「中古車は嫌!絶対新車じゃないとダメ!」と言うのです。

と言うのも以前に中古車を買って、すぐに壊れて買いなおした苦い経験がありましてそれがトラウマになっているのです。

確かに安物買いの銭失いとなってしまったので、妻の新車にこだわる気持ちは分かります。

新車ならば品質は安心ですもんね。

 

◆高い新車を安く買うためにするべきこと

そうなると車両本体価格を交渉して値切りまくるしか方法はありません。

交渉事は私の仕事なので、相見積もりしつつ極限まで値下げ交渉をするつもりです。

一方で新車購入資金はお金を借りることになるので、利率の低い借入先を見つけることも大切です。

前にのノアを買ったときは、JAでお金を借りました。

JAバンクのマイカーローンは保証料が別途必要になりますが、それでも金利が安いため返済額が少なくて済んだのです。

一度お金を借りて完済した実績もあるので、審査も通りやすいのではないかと思います。

だから JA バンクでお金を借りようと思ってたのですが、妻がネットで調べてみると金利が安いマイカーローンがいくつかあったようです。

ほとんどが他県の地方銀行のマイカーローンでしたが、ネット経由の WEB 申し込みなら全国対応してくれると言うことです。

確かに返済額の試算をしてみたところ、 JA バンクでお金を借りるより返済額が少なくて済みそうです。

ただ実績がないので審査に通るかどうかが心配です。

公式サイトにある簡易審査をしてみたところ、問題なければお金を借りることができそうです。

いきなり本審査に申し込まずに先ずは仮審査を受けることで、もう少し詳しく借り入れできるかどうかや借入額の金額が分かるようです。

インターネット上で必要項目に入力するだけで仮審査はしてもらえるので、一番返済額の低い千葉県の銀行に事前審査を申し込んでみました。

結果待ちですが、事前審査を通過すればそのまま本審査にも申し込むつもりです。

資金繰りは早めにしておかないと、納期が決まってからお金を振り込めないと困ったことになりますからね。

今乗っているノアの調子もかなり悪くなっているので、早く新車に買い換えたいと思います。

大きな買い物なので値下げ交渉と金利比較をしっかりとして、お得に買いたいところです。

 

 

マイカーローンとお得なエコカー優遇措置

エコカー

自動車を購入する場合、マイカーローンを利用する人は少なくありません。

マイカーローンを組んでも、毎月の支払いが負担となることは多いです。

できるだけ支払いを軽くしたい人に注目されているのが、エコカー優遇措置です。

複雑な仕組みのこの減税は、税制改正によって期間が延長されています。

自動車を購入する時や車検の時に納税する自動車重量税が、免除されたり安くなったりするため、大きな注目を集めています。

ただ、これまで減税が適用される対象だった車でも対象外になっていることがあるので注意が必要です。

エコカー減税の対象となる税金とは

エコカー減税の対象となる税金は、自動車を購入した時にかかる自動車取得税と、車検の時に支払う自動車重量税です。

自動車取得税は、地方税です。

自動車重量税は、自動車の重さに応じて払う税金で、国税になります。

自動車取得税の対象者の具体的な車種を見ていくと、該当するのは各自動車会社のハイブリッドカーです。

エコカー減税は、一定の燃費基準や排出ガスをクリアした車に対し、税金が軽減されます。

中古車にも適用されます。

新しい中古車を購入した場合、減税が適用される可能性が高くなります。

減税について知らなかった場合でも、中古車を販売している会社の人が教えてくれることが多いです。

ただ、減税の対象についてしっかりと把握しておくことは、節税のためにも必要です。

たとえ仕組みが複雑であっても、税の優遇措置について情報を得ておくことが大事なのです。